研究の成果が未来へ飛び立つ

機構長ご挨拶

福井大学では,中期目標「社会のニーズを踏まえ,地域の産業界・自治体等と連携し,本学の特色を生かした研究成果を社会に還元する」ことを目指し,これまで産学官連携本部等が中心となり,研究成果の実用化関連競争的資金獲得,事業化支援および技術移転など積極的な支援を行ってきました。また,全学研究戦略の企画策定や,基礎研究から応用研究までの推進に係る競争的資金の獲得及び管理支援等を,研究推進課に専門人材を雇用するなどして対応し,結果,一定の効果を上げてきました。
一方で,我が国の研究者一人当たりの研究支援者の平均人数は,欧米の2分の1以下といわれており,研究者が研究に専念できる環境が十分に整備されているとはいません。本学においても,教員・研究者自らの競争的資金獲得のための準備,資金獲得後のマネジメント,産学官連携活動等の増加による負担増が,教育・研究専念時間の減少を招いており,研究力低下のみならず,教育面への影響も懸念されています。
このような状況の中,本学では,適切な研究体制と環境を確保し,特色ある研究成果の社会還元を推進するため,平成24年度に文部科学省のご支援をいただきリサーチ・アドミニストレーター(URA)を活用した研究開発及び産学官連携体制の強化を図ることとしました。本学の特徴として,教員,コーディネーター,URAおよび事務職員の協働による研究支援体制の高度化を目指しており,今後,具体の取り組みを通じて,本学のみならず地域社会,さらには我が国の発展に貢献していきたいと考えておりますので,今後とも皆様方の,ご支援ご協力よろしくお願い申し上げます。

福井大学 理事・副学長 岩井 善郎

組織図

組織図
産学官連携本部 URAオフィス

インフォメーション

現在、インフォメーションはありません。

≫インフォメーションの一覧へ

このページのトップへ